1. Book Review

    ホリエモンの「多動力」を読んでみた感想。

    True North Life CoachingのNoriです。最近は雨ばかり続き本当に気分が滅入りそうだが、とても良い友達たちに恵まれて人徳の大切さを心から感じている。また最近は憧れる人ができて、彼のようになりたい!という目標ができて、より一層頑張りたいな、というモチベーションが出てきた。目標なんて持たなくてもいい、とホリエモンは言…

  2. Coaching

    自分に満足することは向上しないことではない!

    True North Life CoachingのNoriです。少しテーマを変えてみました。難しいことは無理なので、一番シンプルに。どう…

  3. Coaching

    自分を愛する事は自分にご褒美をあげる事ではない!

    True North Life Coaching のNoriです。週末にパースで初めてのセミナーを行わせて頂いた。キャンセルもあったが、17名に参加頂き、本…

  4. Coaching

    普通のことをして非日常な生活を得ようとするのはCrazyだ!

    True North Life CoachingのNoriです。今度パースエクスプレスさんにインタビューされるということもあり、会社で同僚と一緒に写真を撮ら…

  5. 海外暮らし

    15年海外に住んでるのに英語を習ってみたーMainichi Eikaiwaのレッスンとは!

    True North Life CoachingのNoriです。オーストラリアではFinanceの年度末で、Payrollのコンサルタントの私にとって一…

  6. Coaching

    給料アップだけがコーチングではない!本当のコーチングの魅力

    True North Life Coaching代表 Noriです。なんと、ここパースでもライフコーチングのセミナーをさせていただくことになりました。…

  7. Coaching

    実力社会が日本を救う!?ナマケモノはいりませーん!

    True North Life CoachingのNoriです。最近どっぷり仕事にはまって、最高に充実した日々を送っております。…

  8. 恋愛マインド

    不倫したい男性の心理ー海外で誘われたらまずこれを読め!

    True North Life CoachingのNoriです。新しい仕事をはじめまして、まぁ今はコンサル、という肩書ではなくなった…

  9. Coaching

    その英語チックなカタカナビジネス用語は海外で通じないよ!日本語あかんの?

    True North Life CoachingのNoriです。現在イースターホリデーで4連休。旦那も仕事が休みということで、家族団…

  10. 海外暮らし

    田舎者ですが何か?パースの田舎の良さをお届けします。

    True North Life Coaching のNoriです。仕事を辞め、次の仕事が始まるまでちょっと近場ホリデーごっこやってる私。最近インスタで…

Profile

True North Life Coaching

True North Life Coaching

大阪出身、オーストラリア在住14年、オーストラリア国籍を持つ、True North Life Coaching代表。 19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。 英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い3年制大学を2年で卒業。卒業後、西オーストラリア州で公務員に。 その経験と能力が買われ、コンサルティング会社からヘッドハンティングされビジネスコンサルタントとして活躍。 ゼロからスタートでもやれば出来ると自ら実感。 コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

プロフィールを表示 →

アーカイブ

カテゴリー

  1. Coaching

    お給料の増えない日本。家事代行が増える日本。その未来って。
  2. Coaching

    郷に入っては郷に従え!海外進出には日本の物差しは捨てろ!
  3. Book Review

    ホリエモンの「多動力」を読んでみた感想。
  4. 恋愛マインド

    不倫したい男性の心理ー海外で誘われたらまずこれを読め!
  5. Coaching

    学歴社会はもう古い?実力者が成功する社会へ。
PAGE TOP