Coaching

人生のカテゴリー化とコーチングについて

Pocket

True North Life CoachingのNoriです。

先週はコーチングを受けにお友達がご家族で我が家を訪れてくださり、本当に楽しい時間を過ごさせていただいた。特にあの人見知りの激しい娘が息子さんとすっかり仲良くなり子供たちの叫び声の中でのコーチング。慣れとは面白いもので、母親になってからかこのような雑音が一切気にならなくなってしまった。

コーチング、というよりも実際はコンサルセッションになってしまった部分があるのだが、そこで一つ凄く興味深いなと思ったことがある。お客様が

私はNoriさんのキャリアコーチングという言葉を聞くまで、キャリアを個人で創る、という考え方がなかったんです。

今の時代はわからないが、少し前までは日本では終身雇用制度が強く信じられており一度会社に入ってしまえばそのまま流れていく、という形が多く、おかげで自分でキャリアについて考えたり、道を変えるという選択の可能性などを考える、なんて未知の考え方という部分もある。

欧米に限らず日本もだいぶ考え方が変わってきているのでキャリアコーチングの需要が増える日もそう遠くないかもしれないなと感じた。

 

さて、お題とは全く関係ないことではあるが、この前夕食会に呼ばれたときにメンターの重要性についてみなさんが語っておられ、その後、メンターと友達の違いとは何か、という質問をほかのお客さまからタイムリーに頂いたのでここで説明させていただきたいと思う。

 

メンター = アドバイスや知恵を与えてくれる指導者・支援者

メンターとは、日本語に直すと師匠、という言葉がぴったりくるであろう。自分の経験や知恵を生かし、成長を指導・支援してくれる人。

友達=共通の話題がある

例えばスキーが好きだ、コーヒーが好きだ、などの共通の話題があり、相互価値をシェアすることができ、友達同士お互いに学びあい、刺激しあうことができる。

 

メンターと友達の違いはこんなもんだと簡単に理解していただけただろうか。

 

さて、今日のは人生をカテゴリーすることができるのか、というお話。

 

カテゴリー化

まず、最初に謝っておく。今まで占いや、鑑定をしてくださった皆様。感謝しております。そしてそれについて一切批判しているわけではございませんのでご了承くださいませ。

 

最近お友達が

書籍化された地点で万人向けになるから、自分にはクリティカルヒットしない。特にメンタル系の考え方は、自分なりのオーダーメイドがいい。

とTwitterに投稿していたのがきっかけでこのポストを書くことにしたのだが、敢えてお友達のお名前は出さないが、私もこれについては通じるところがあるな、と思う。

The End of Averageを読んでから人をカテゴリー化するのはすごく気持ち悪いな、と思い出していた時のこの投稿だった。

誕生日、血液型、住んでいるところなどから人生を割り出していく。何度かテレビで見たが(どこまでほんまかしらんが)インドでは占いで人生を決めたり、結婚相手を決めたりする人もたくさんいるそうな。それが彼らの幸せならば全然何の問題もないし、そういう生き方もあると思う。

それを踏まえてであるが、私は人間を枠に当てはめていくのがとても嫌いだ。世界で誰一人同じ人間なんていないのに一般論化してしまう。なんか自分の存在が否定される感じがする。

 

Married at First Sight

これはオーストラリアとイギリスのテレビ番組であるが(ちなみに私は一度しか観たことがないのであるが。。。。。)日本語に直したら「初めて会って結婚しちゃった」みたいなんがええか?一目ぼれというのが本来の訳であるが、惚れてないので初めて会って結婚しましょう、というのが一番ぴったりくるような気がする。研究者が彼らのデータをもとに、マッチする、と選ばれたカップルが結婚式場で初めて出会って、そのまま結婚させられる、というコンセプトだ。

もちろんテレビだし、面白おかしく色づけされていることくらいはわかっているが、まぁデータからマッチされたからといって素晴らしい結婚生活が待っているのか、というとまぁそうじゃない、というのがお分かりいただけるテレビ番組であろう。ほとんどのカップルが別れている。

人間をカテゴリー化してデータマッチングさせる、というAI的な考え方の結婚はこの残念ながらうまくいかないようだ。

カテゴリー化される人間

近年「草食男子」・「肉食女子」などのカテゴリー化が流行っている。それ以外にもマザコン、アッシー、おやじギャル、ギャル、ガングロ、などのカテゴリー化が流行った。

よーく考えてみたらそれも小さい次元で共通点を持つ人たちを勝手にグループ化し、カテゴリーを作ってしまう。

例えば肉食女子。恋愛に積極的な女性をカテゴリー化したものだが、ここで見ていただいたらわかるが、恋愛という次元でしか見ていないわけでそれ以外はなんの共通点もない。もしかしたら仕事してないかもしれないし、会計士かもしれないし、背が高いかもしれないし、160kgかもしれないし、お料理がうまいかもしれないし、大食いかもしれないし、、、、ということはどっちでもええ。

 

こう考えてみてこのカテゴリー化に限界を感じるのは私だけだろうか。Just focusing on small number of similarity,I say…

 

これを一つとっても占いも同じように見えてしまうのは私だけだろうか。何をどのくらい考慮してカテゴリー化されたのか、どれくらいの分野でどの次元で、、、、なんて考えたらたぶんカテゴリー化があほらしくなってしまう。そういった意味で

占いで人生のすべてを鑑定することはまあ無理であろうし、そして100%鑑定通りの人生を歩んできた人はまぁいないだろう。

と言ってしまっても言い過ぎではないのではないか。

もちろん、路頭に迷っているときに何もわからなくて、人生の指針として使うには悪いとは思わない。ただ占いもカテゴリー化も一つの可能性でしかないということは覚えておいてほしい。人生は自分の手で変えられるのだから。

 

人生は初めから決まっているものではない

インドの占いでは結婚適正期から適職までかなり細かく分析されるようだが、ここで分かるように、今ある仕事の半分は20年後なくなっているであろうから、いかに占いがその瞬間に定められたその瞬間にだけ当てはまる一つのアドバイスにしか過ぎないことがわかっていただけるであろうか。

とはいえ、もちろんここから知恵やアドバイスも学べるだろうし、完全に無視をしろ、占いはだめだ、とは言わない。

ただ決められた人生を生きなくても、自分で違うレールを引いてもいいよ、ということも知ってほしいな、と思ったわけである。

完全に宗教みたいに信じる必要なんてなくて 自分がいいな、というアドバイスを聞き入れ、いらないものは捨てちゃってもいいんじゃないかな。つまり占いもカテゴリー化もただの地図で、私たちはその地図に沿って歩かなくてもよい。近道があるのならそれを使ってもいいんだよ。ということ。そう、旅は自由だ。人生はの旅は自分で作る。

まとめ:メンターも友達も占いもなんでもあり。

私にはメンターが3人いる。

そしてなんでも話せる友達も、なんでもぶち明けられる最愛の友達であり、人生の伴侶である旦那もいる。

そう、いろんなアドバイスも占いもあってもオッケーなんじゃないかな。

○○占いで12個の中の一つにカテゴリー化されても、それもオプションの一戸であってもいいじゃないかな。

本でいろんなことを学んでも、それも一般論でいんじゃないかな。すべてその経験と知恵があってこそ、新しい道が開けるのだから。

 

私たちは残念ながらそんなに12個の中の一つなんて簡単にカテゴリーされるほど単細胞生物ではない。誰一人同じ人は世界にいないのだから。

私たち一人一人がとても特別な存在で、それを一般論化するのも平均化するのも、カテゴリー化するのもやっぱり多少の無理がある。

だけど、それも踏まえて、すべてを地図とみて、自分のこれからの人生の道を増やす、という意味では素晴らしいんじゃないかと思う。その地図と知識で新しい道を切り開いていけばいいのだから。

コーチングはそういった意味で、その地図を使い、新しいルートを一緒に描いていく、と思ってもらったらよいだろうか。

自分で描ける人もいるだろうし、コーチの新しい刺激をもらって新しいルートを築き上げ、そのルートにこだわらず、改良をし続けることも可能だ。

誰一人同じ路線を持っている人はいない。私たちは白紙にいつも新しい道を書き続けているのだ。

 

さぁ、あなたも新たな道を描いてみないか?

 

 

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。

True North Life Coaching代表。

19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。

英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。

公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。

自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。

コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

Pocket

関連記事

  1. Coaching

    学歴社会はもう古い?実力者が成功する社会へ。

    めちゃくちゃお久しぶりです。True North …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Coaching

    後悔のない人生を送るために考えてみてほしいこと
  2. Coaching

    「Impossible to I’m Possible –…
  3. Book Review

    人生で一番大事なものとは何か.
  4. 海外暮らし

    オーストラリアは薬物乱用者が多い!安全な地域とセキュリティー対策。
  5. Coaching

    成功の秘訣はマインドフルネス
PAGE TOP