Coaching

学歴社会はもう古い?実力者が成功する社会へ。

Pocket

めちゃくちゃお久しぶりです。

 

True North Life CoachingのNoriです。

 

最近は起業だけに拘るのを辞めて、起業に戻って本職のビジネスコンサルも行うようになり、ブログの更新を怠ってしまっていた。大変申し訳ない。。。

 

それと同時に、実は英語のCVサービスへのお申し込みも数件あり、ありがたい悲鳴を上げていたのである。

 

こちらのサービスは通常あまり表に出していないが、興味のある方はご連絡いただけたら光栄である。コーチングと元HR、そして現総務コンサル、というのと生かし、あなたに合ったカッコいいCVはきっと満足いただけるものになること間違いないだろう。

今までサービスに出していなかったがぽつぽつご要望を頂くので、もうすぐしっかりとしたサービスとして提供させていただけたらなぁと考えている。普段は海外(Mainly Australia)の方からのご要望であるが、最近は日本でも英語のCV(履歴書)というものを提出しなければいけない企業さんも増えてるようで、特に外資系で活躍したい方にはただ訳しただけ、ではない、ちゃんとしたプロによるCVは戦力になること間違いないであろう。

 

さてさて、、そういってたくさんのお客様の英語のCVを作っていくにあたり、少し気づいたことがある。

 

それは

 

学歴主義はもう古い。

ということだ。

 

今日はそれについてお話しさせていただきたい。

学歴って何?オーストラリアでの就職事情

私はオーストラリアで働きだしてかれこれ10年以上になるが、その中でも結構名の知れる大企業で働いてきた。私は日本でいう、いわゆるトップクラスの一流大学に行ったわけでもないし、パースでも国際政治学で一番有名な大学に行っただけであって、別にUniversity of Sydney, とかAustralian National Universityとか有名どころに行ったわけではないが、オーストラリアで誰でも知ってるような大きな会社で働くことができたし、今でも普通に転職などができるわけだ。

 

そして何よりも、就職するときに大学の名前など一度も聞かれたことがない、ということであろうか。

 

よく、オーストラリアの大学への留学を考えている日本人の方の相談を受けるのだが、一番多いのは

「やっぱり、有名な大学に行ったほうがいいんですか?」

である。

これは日本の企業で一流と言われる大学軍を有利とする文化からくるものだろうが、、、はっきり言おうか、オーストラリアではあまり意味がない。

 

学歴主義って古いんちゃうの?

 

実力主義なオーストラリア

転職したこともあるし、コンサルでいろんな会社と働かせていただいたこともあるが、今まで

「あんた、どこの大学卒業したの?」

という質問を受けたことがない。

 

どこの大学卒業?というのは、同じパースにいて、話題としてはもちろんある。だけど、コンサルとして指名されるときとか、転職活動中とかで大学の名前がきっかえで落とされたことは今まで一度もないし、私自身がSelection Panel(人事選考)をする場面に立っても、一度も大学の名前で選んだことはない。

敢えて言うのなら、

全く同じようなスキルセット、経験値、そして性格も仕事に対する考え方、将来のビジョンがある人が二人、同じポジションに応募してきて、どうしてもこの二人の中から一人を選ぶしかない、となった時の最後の手段としてもしかしたら大学の名前を見るかもしれないが、はっきり言ってそんな事態が起こることすら稀であるが。

 

また、オーストラリアは移民国家である。つまりいろんな国から素晴らしい人材が集まってくる。はっきり言って世界の大学トップ100なんて覚えてる暇あったら、Emailの一通でも返すわ、というのがマジなところだろう。

 

もっといえば、各国によって大学の制度も違うわけだし、大学の偏差値の調査なんかよりも(どのように偏差値が図られているのかさえ謎であるし)、Softwareのスキル、例えばマイクロソフトがどれくらいできるか、とかどのようなソフトウェア、例えばセールス関係なら、セールスフォースとかレヴェルとか、 翻訳関係ならトラヴィス、プロジェクト関係なら、SQLとか、資格で言えばPrince2とか、HR ならSAPとか、そういうことにフォーカスをあてる。

 

もちろん一流大学を卒業することは本当に素晴らしいし、尊敬するが、世界レベルで見れば日本のトップと言われる大学でさえトップ40位に入れないという現状である。

そういった意味でも、世界レベルの人材になりたいのなら、学歴だけに拘るのはもう古いと言っても過言ではないであろう。

 

大学の名前にしがみつくの、それ古いよ。

オーストラリアで私の仕事は別に大学の卒業証書なんてなくてもできる。

もちろん、大学レベルの高度な知識が必要とされる仕事もたくさんあるが(例えば医者、とか建築関係、弁護士とか)、それ以外に私たちのようなコンサルみたいに経験と実力が評価される職業もたくさんある。

 

日本の高学歴の人と会うたびに

「どこの大学卒業されたんですか?」

 

と聞かれ、私の日本の大学を言うと、決まって頭の中で小さなガッツポーズをしているのが手に取るようにわかる。

 

そんな小さい競争でしか勝てへんのか?

 

と思うのだが、でも一流大学に行った、というのは彼らにとって史上最高の自慢であり、その後の年収や、実力はあまりどうでもいいのかもしれない。

 

でも本気で成功したい、世界レベルで成功したい、って思ってるんなら、

そのエゴ早くトイレに流したほうがいいよ?

一流大学に行こうが、資格を100個取ろうが、私にははっきり言って関係なかったりする。

そして私が人事選考する際も、はっきり言ってそんなことくそくらえである。

それよりも

  • どんなAchievementがあるか。
  • 仕事に対する考え方
  • 将来のキャリアゴール
  • 100個の資格よりも、数個の本当に仕事で役に立つ資格やスキル
  • コミニケーションスキル

上記の方がはっきりいって本当に役に立つ人材を選考するのに重要な情報であると言えるだろう。

もちろん、多かれ少なかれ、アメリカやイギリスの大手企業ではまだまだ大学のレベルを重視する会社もたくさんあるだろうし、そこにどうしてもこだわりを持ちたいのなら話は別だが、実力社会で戦っていくのなら、はっきり言って高卒であろうが専門学校に行こうが、大学に行こうが、そんなことよりも、

会社に何をオファーしてくれるか

のほうが重要になってくる。

 

 

まとめ:学歴よりも実力にこだわれ!

上記でも述べたように、多かれ少なかれ学歴に重きを置く会社もあるだろうが、広い世界を見回してみると、学歴ではなく実力主義の会社がほとんどであろう。

少なくともここオーストラリアでは実力主義であると言える。

 

もちろん一流大学に行くのは本当に素晴らしい。だがその大学に縛られて、鼻高(Snob)に就職活動するのはどうだろうか。。

海外で働こうと思ったら大学の偏差値が高い低いよりも、まずは英語は絶対いるし、そしてその仕事をするために必要なスキル、そして将来的なビジョンのほうが大事である。

 

最終的には学歴ではなく、

この人をこの会社で雇ってどうなるか

それに尽きるであろう。

履歴書に趣味は水泳、とか本当にどうでもいいし、銀行に面接行くのに資格の欄にアロマテラピーとかどうでもいいねんな。

 

最終的には実力主義だよ。

 

学歴に拘りすぎるのはやめたまえ。

 

そんな暇あったら実力を磨くのみ!

 

 

海外での就職相談、履歴書及び職務経歴書の制作をご希望の方は、まずはお試しコーチングでご相談を。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。

True North Life Coaching代表。

19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。

英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。

公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。

自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。

コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Coaching

    自分を愛する事は自分にご褒美をあげる事ではない!
  2. Coaching

    「忙しい」人へ。それ、ダサいよ。忙しい=アホな時代やで。
  3. 映画

    マイインターン(ザ インターン)のネタバレと感想。
  4. Coaching

    学歴社会は○○では通じない!? 
  5. 恋愛マインド

    ちょっと待って!あなたがモテない本当の理由とは!
PAGE TOP