年収は幸せ指数ではない。自分の価値は自分で決める。

   

Pocket

True North Life CoachingのNoriです。

旦那さんの会社の同僚たちが我が家にやってきたのだが、男三人、まぁ喋る喋る。

いつもは

「俺、Talkativeな方ちゃうから」

とか言って私にはペラペラ話すタイプではない旦那が、マシンガントークをしているのを見ると、ちょっと嫉妬すら感じてしまうのが正直なところ。だけどあんなに毎日話されたらそれはそれで困るから今のままでちょうどええのかもしれない。

 

ちなみに男三人、やっぱり家に来てまで仕事の話をしている。ボスの話なんか、けちょんけちょんにやられてて、大阪のおばちゃんもちょっとびっくりである。

 

今日もお友達が家にやってくるが、どんな楽しいトークが待っているんだろうか。

 

さて、私のお客様には起業をされている方、会社勤めの方もいらっしゃるが、共通の悩みとして稼いだ金額が自分が認められた数値だと判断していることがよくある。

稼げば稼ぐほどみんなに認められる?今日はそれについて話していきたい。

 

稼いだ額は幸せ指数と一致するのか?

最近の起業家マーケットはもう嫌みなくらい

「私、成金でーす!」

をアピールするのがポイントらしい。そのおかげでなんちゃってセレブ=愛され起業家、みたいなわけのわからない法則が成り立っている。

 

サラリーマンでも同じだろう。お金を稼げば稼ぐほど自分がいかに会社で大事な存在か、を感じ、自分の位置確認をお金、という数値で計ってしまう。

そういう人たちは目に見えるもので自分の価値を決めてしまっている。ということは、他人が持っているもので他人の価値も測っていると言えるだろう。

 

お金を稼ぐことは悪いことではないし、否定しようとは思わないが、なんていうの、人生をお金という数値で勝手にランク付けしてしまうのって、少し視野が狭い気がするのだ。

 

なぜあなたはお金を稼ぎたいのか?

  • 好きなものを買いたいから。
  • 少しでも生活が楽になれば。
  • 今の給料では満足できないから。

などなど、表面上にはこんな答えが出てくるかもしれない。

 

この質問は実は簡単なようで難しいもんだ。

私は同じ質問を3年前にされてうまく答えられなかった。

表面上に私は

「今よりいい生活をしたいから」

と答えたが、よく考えたら何のためにいい生活をしたいのか、誰のためにいい生活をしたいのか、と考えだしたら別にお金がそんなに必要ではない気がしてきたのだ。

 

そう、私はお金という単位を使って安定を求めていただけだった。

 

ありがたいことに、私はコーチとしてありがたい収入もいただけるし、会社で働けばそれなりの報酬を頂くことができる。人から見たらそれはなけなしの収入かもしれない。だけど正直不自由なく生活できれば安定が手に入ることに気付いた。そしてそれが私の幸せに直結している。

 

お金がない=自分に価値がない、ではない。

世界では自給自足、または半自給自足の生活をしている人がたくさんいる。

自給自足なんて聞こえがいいが、実際はそんな簡単なもんではないだろう。

だが、自分の畑で出来たフルーツを朝から食べる。海で釣った魚を昼に食べる。私はこういう生活も悪くはないと本気で考えている。

お金という観念を手放し、自由を手に入れた人たちも世界にはたくさんいる。

 

ボランティアという低賃金、または無償で人に施すことによって幸せを感じる人もたくさんいる。

この人たちに

「あなたはお金がないので価値がない人間ですね」

なんていうことができるだろうか。

こんなことを言える人のほうよっぽど価値のない人間だと感じるのはきっと私だけではないだろう。

 

 

お金だけが目的では欲求の沼にはまる

 

「お金を持っているから私はすごいのよ」

と言わんばかりにブランドばかりに身にまとって、お金の亡者になっている人。

お金を使うためにお金を稼ぐだけの消耗的な人生。欲求の沼にはまって、お金を持つことにしか自分を感じられなくなる。

こんな人生を全うしたいなら、どうぞ。止めませんし、別にそんな人生に価値を全く感じないから自慢されても何を自慢しているのかさえわからない。そんなもんだ。

 

人生の目的をお金儲けに設定することは視野を狭めることになる。と私は個人的に考えている。

 

私がコーチングをし続けるのは、お客様の人生にかかわれるのが最高に楽しいから。お客様の「凄い」を引き出すことができ、可能性を広げることができるから。お客様の夢を一緒に見ることができるから。そう、私はここに自分の価値を感じている。

 

お金だけ欲しかったらコーチングなんてしなかっただろう。

 

コーチングによって生活に困らない程度の収入を得ることができる。そう、安定を手に入れることができた。

 

お金儲け、だけをゴールにしなかったから、私にはいろんなオプションがあり、お金以外の色んな幸せがある。

私はお金を稼ぐために生まれてきたのではない。幸せになり、人を幸せにするために生まれてきた。だからそれを全うするための一つの手段(生活費)としてお金と関わる。このほうが私には合っている。

 

人生の価値は自分で決める。お金はただの交換ツール

 

起業するのも、企業で働くのも、素敵なことだ。

お金を頂くことはとても素晴らしいことだ。

だけど、お金=幸せ指数で終わってしまう人生に疑問を感じる。

お金をすべての起点としてしまう生き方。お金ですべてを測ってしまう生き方。

人生にはもっともっと素晴らしいことがあるのに、お金の奴隷になってしまうなんてなんて視野の狭い人生なんだろう。

もちろん働くからにはきっちりとした対価を頂かないといけないし、お金を稼ぐことを悪く思う必要はない。

だけど、お金とはただの交換ツールでしかない。

だからお金=幸せ指数なんかじゃない。

お墓に入ってしまえばいくらお金を使ったか、なんて意味もなーんにもない。

人生を後悔せず全うして生きたかどうか、そっちのほうが大事だろう。

 

あなたのとって幸せとは何ですか?

True North Life Coachingのお試しコーチング

 

お試し60分スカイプコーチングセッションでNoriとお話ししてみませんか?

オーストラリア発、会話形式の新しいコーチングでリラックスしてお話ししていただけます。

 

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。

True North Life Coaching代表。

19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。

英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。

公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。

自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。

コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

Pocket

 - Coaching