Coaching

婚活アラサー尻軽女へ告ぐ!モテる女は結婚したい女じゃない!?

Pocket

True North Life Coaching 代表のNoriです。

コーヒーショップでTake Awayにすると、必ず名前が聞かれるのだが、いまだに50%の確率で間違えるオージーたち。

 

よくあるのが、

  • Mary
  • Noline
  • Nora(←なんでやねん!)
  • Norris
  • Norri

 

私の名前はNORIです。N,O,R,Iとスぺります。

 

お願いだから間違えないください。

 

さて、今日の話は婚活女子のコーチングでものすごく多いトピック、

「私、モテたいんです」

についてお話ししよう。

 

「モテる」と「結婚したい」は違う!!

女性の雑誌の特集にも

「モテる化粧」「モテる服装」

 

女性はモテることが大好きなんだ!

 

アラサー女子
昔はめちゃくちゃモテたのにさ、まだまだ婚活現役中
アラサー女子2
恋人はできるのに結婚までたどりつけない

こういう女子はいないだろうか。

 

学校で全然冴えない、お世辞にもスーパーかわいいとは言えないような女の子がなぜか一番早く結婚したりする。

girl-163695_640

なんであの子が結婚できるのに、モテる私が結婚できないの?????

 

こういう経験ないだろうか?

 

実は「モテる女」は「結婚したい女」とは違うのだ。

 

モテる女は多数から好かれたい

 

ちまたにはモテるためのテクニックや情報が溢れかえっているが、それは

不特定多数の男性に好かれるためのテクニック

 

であって、一人のハートをゲットするためのものではなかったりする。

 

つまり、モテたいと思っている時点で、一人の男に決めたくないと宣言しているようなもんだ。

 

そうだろう。一人の男性に好意を持たれ、付き合うことになったら

 

「キャー私ってなんてモテるんでしょー」

とはならないだろう。

 

モテるとは2人以上の人から好意を持ってもらうことではないだろうか。

言ってみれば アイドルというのは『モテる女の象徴』であり、

「モテる」というのはプチアイドルみたいな感覚だろう。

marilyn-monroe-392933_640

しかしながら アイドルにも賞味期限があるように、モテ女にも賞味期限がある。

やっぱり20代前半はただ可愛ければアイドルも売れる。それと同時に30代後半になってきたら実力主義なんじゃないか。

 

「やりたい」と思われる女性

男と女は身体の形が違うように脳の構造も違う。

女性は好みのタイプ=お付き合いしたいタイプなのだが、男性はどうもそういかないようだ。

 

本気で恋したい女の子とただやりたいタイプというのが存在する。

残念ながらモテる女ってのは、後方のやりたいタイプに当てはまってしまうのである。

アラサー女子
最近モテて仕方がないのよ

 

もしかしたら、それ「こいつならお持ち帰りできる」と思われているだけなのかもしれない。

woman-1585853_640

 

露出が激しかったり、やたらとメイクが濃かったり、猫のような声で話す女性は、男性にとっては発情期の動物のようなもの。

Welqによれば

例えばニホンザルの場合は、発情期のメスは顔と尻が真っ赤になり、さらに尻は風船のように膨れ上がり発情していることを明確に示します。オスはそれを目印に交尾を求めるわけです。発情していないメスには興味を示さないといいます。

 

つまり露出が激しかったり、やたらとメイクが濃かったり、猫のような声で話すってことは、発情期そのものではないか!

sarusiri-thumb

(出典はこちらから

 

綺麗に見せようとするのはわかるが、発情期のサルと間違われないようにしなくてはならない。

露出したい気持ちはわからなくもないが、残念ながら男性は少し謎があるほうがワクワクするもんだ。

少しくらい妄想する余地をあげようよ、Ladies。

 

勘違い女

一回会ってみて二回目会いたいと思ってもらったら

アラサー女子
きゃー彼ったら私にぞっこん!

 

heart-762564_640

 

 

男性の頭脳はそんな風には働きません

 

特に海外での恋愛では、一回会って、楽しかったらまた会って、じゃあまた会って、

あれ、気づいたら私ら一緒におって一緒に楽しいねんけど?

 

そしてたいていの場合

「なぁなぁ、これって「お付き合い」だよな?」

 

とお互いがお互いの位置を確信したときにこういう質問が自然と出てくる。

つまり一回や二回のデートで彼氏になりゆることはない
そりゃもちろん一回で結婚する人もおるから例外はあるが

 

 

いや、もっと具体的に言うと
彼氏‐彼女という称号には焦りません

 

私の考える恋愛の段取りとは

1.ご飯一緒に食べに行きだす=今気になってる子(まだターゲットは一個に絞らないといけない、という事はない

 

2.家に呼ぶ=今セミシリアスな子(今のところはターゲットはこの子)

 

 

3.おかんに紹介=結構シリアス=彼女的存在

 

 

4.一緒に同棲=真剣なお付き合い=彼女の立場確立

 

 

5.将来を共にしたい=結婚相手

となるようである。

この段階の速さは人によってそれぞれであるが、日本女子のように1から

アラサー女子
きゃー彼ったら私にぞっこん!

 

woman-1172723_640

なんて勘違いされたらそりゃ息が苦しいかもしれない。

 

まとめ:モテる女になるな!結婚したい女になれ!

テレビのアイドルは確かにきれいだしモテる。

だけど、真剣に

「うわーこの女性と結婚したい」なんて思っている男性はいないだろう。

 

つまり、もてるなんてそういうもんだ。

それを理解せずに「モテる女街道まっしぐら」すると、独身めちゃモテ女で終わってしまう可能性が高い。

 

この人と結婚したら、きっと俺は幸せになるんだろうな。

どんな困難でも乗り越えていけるんだろうな。

 

そんな女性が結婚したい女性の候補になるだろう。

 

ブランド物のバッグ、派手な服装、セクシーが過ぎる服装、美味しいお店巡り、沢山の習い事、度々行く海外旅行、、、モテるかもしれないが、結婚して続けられたら男性としては困るもんだ。

結婚するということは 『共有の財産を持つ』ということでもあるのだから、やはり同じような金銭感覚や価値観を共有できる相手が好まれるだろう。

 

 

とってつけたような美はいらない。結婚にはぶれない、化粧なんかじゃ作れない内面から湧き出る美しさが好まれるのだ。

あなたも自分らしい、本当の美しさを手に入れて幸せな結婚をGetしよう。

 

 

True North Life Coachingではそんなあなたを応援します。

60分スカイプお試しコーチングを一度受けてみよう。

 

submit-or500

 

 

 

☆11月1日よりオンライン講座始まります☆

世界のどこからでも気軽に受けれる、Webセミナーの新しい講座。

月々わずか3000円から参加できます。

グローバルに活躍したいあなたへ!

詳細はこちらから

 

 

グローバルなマインド無料メール講座
日本人から世界人へボーダーレスに世界を駆け回れ!
Click

 

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。

True North Life Coaching代表。

19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。

英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。

公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。

自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。

コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

Pocket

関連記事

  1. Coaching

    スタンフォード流!罪のライセンスに学ぶ、怠けに勝つ方法!

    天使と悪魔が共存!?そんな経験ない?ダイエット中に聞こえてくる声。…

  2. Coaching

    「忙しい」人へ。それ、ダサいよ。忙しい=アホな時代やで。

    お久しぶりでございます。True North Life Coa…

  3. Coaching

    貧乏生活万歳!貧乏生活って本当は素敵。

    True North Life Coaching 代表、Noriです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 映画

    映画「Bad Moms」感想とネタバレ
  2. Coaching

    年収は幸せ指数ではない。自分の価値は自分で決める。
  3. Coaching

    実力社会が日本を救う!?ナマケモノはいりませーん!
  4. Coaching

    「海外に出れば人生が変わる」は本当なのか?
  5. 海外暮らし

    海外に行くこと自体が目的? そんな甘くないよ、実際は。
PAGE TOP