恋愛マインド

あほな女がモテてて,できる女はモテないとは本当なのか?

Pocket

True North Life CoachingのNoriです。

ここ西オーストラリアでは今週末は3連休ということもあって金曜日の帰宅時は田舎に行きたい人たちが多いのか、ものすごい渋滞に巻き込まれ、最初は「Audiobookを聞く時間が増えてよし」などと余裕をかましていたのだが、さすがに耐えきれなくなって抜け道を探し変える羽目になるという。。。

そして土曜日の昼にも用事で出かけたら帰りにはえらいこっちゃ(omg)!また渋滞に巻き込まれ、これまた抜け道でかえってくるという。田舎方面に住んでいる者にはあまりありがたいものではなかったりする。とはいえ3連休はやはりありがたい。月曜日はまた渋滞に巻き込まれるので電車を使うことにしようと心に誓った。

さて、今日のトピックなのだが、実は旦那が見ていたYoutube からである。私は海外に住んで15年になるのであまり日本の恋愛事情には詳しくないというのが本音だし、正直あまり興味もないのだが、私が見たYoutubeでは「男性は自分よりあほな(Dumb)女の子が好きだ」というのが結構あることに気づいた。それについて少し考えさせていただいた。

あほな女がモテる?女はあほを演じるべきなのか?

私が観たYoutubeでは海外に住んだことのある三人の高学歴女性がパネルディスカッションをしていらして、(あえてここでは出しません)

大学の名前を言ったら男性が逃げちゃうの。だからたまにレベルの低い大学の名前を言うとね、男性がコロッと態度変えちゃってさ、でも後で「あれー本当にその大学行ってるの?君結構賢くない?」みたいにばれちゃうの。はははははははは。

Noriによると、

それ、大学の問題以前にあんたの性格に問題があるんとちゃうか?

と思うのだが、もしかしたらそれ以外にも何かあるんじゃないだろうか、と考え始めた。

(ちなみに旦那は「こいつ、性格に難ありやからやろ」とコメントしていたが)

私は大学院まで行ったが、今までその話をすると

凄いね。僕は頭がよくてちゃんとした話ができる女性に魅力を感じるんだ。

と言われ続けてきた。

そしてこのYoutubeのビデオを男性の友達に送ったところ、

あほな女は一晩過ごすにはもってこいやけどな。

という意見も返ってきた。

Aha!これ、前にも書いたけどモテるというのは実は錯覚であほな女は警戒さの低さゆえはハードルが低く

モテる=軽い女

という説もあるんだろう。

そう、モテる≠興味をもつではないのではないだろうか。

あほな女性が日本でモテる理由その2

これはもしかしたら日本の文化のせいかもしれない。日本は昔から女性の社会的地位が低く、今でこそ少しづつ女性の社会進出が認められつつあるが、文化的なものが残っているのかもしれない。

そういうのもあって

男は仕事、女は家事・育児・買物(男は妻子を養い、女は家庭を守る)

という考え方がまだあり、男性側から見たら高学歴でバリキャリ女性はこの考え方を覆す、ものすごい脅威の存在なのかもしれない。それ以上に今まで男性がやるべきだったことを女性にとって代わられ、男性のプライドというものが崩れてしまのではないだろうか。そう考えると低学歴で自分の給料を頼りにしてくれる女性は自分を思いっきり立ててくれ、すごく魅力的というわけだ。これはマズローの人間の欲望にかなっている。

あほな女性がモテる理由その3

日本はすごく謙遜心を重んじる文化である。そのおかげで全体的に欧米と比べて自尊心や自信が低いといえるだろう。

つまり、自分よりすごい女性と一緒になると自分の自信がギッタギタにされる。

それだったらやっぱりあほで自分を立ててくれる女性がかわいくて仕方がないではないか。

また女性が赤ん坊を見ると母性本能が働くのと一緒であほな女を見ると「俺が守ってあげなきゃ!」という正義感が生まれ、そこに自分の存在価値を見出すのかもしれない。

やはり仕事もバリバリできて、私生活も完璧すぎる女性はやはり守りたい、とは思えないだろう。むしろ守ってくれそうなイメージはあるが。。。

あほな女性がモテる理由その4

完璧な女性は高嶺の花になってしまう傾向がある。つまり美しすぎるし、仕事もできするし、むしろ恋愛対象からは外れてしまい実際あこがれの女性で終わってしまう。芸能人に本格的にアッタクする方はあまりいないだろうし、そういう感覚なんじゃないだろうか。

こういう完璧すぎちゃう女性は男性の本能をくすぐらないってのが現実だろう。男性は頼られたいし守ってあげたいという本能がある。完璧すぎちゃうとなんでも一人でできちゃうので

頼る必要がない=一人でいい。

と思われるのだろう。いや、実際頼り方を知らない人さえいるのかもしれない。。。

美しくて仕事もバリバリできちゃう完璧女性たちへ。まずは男性に頼るということを学んでみよう。きっと男性からの好感度はアップするはず!

知的な男性は知的な女性がお好き

今まではあほな女がモテる、という話ばかりしていたが実はこのトピック一度ほかのブログで書かせていただいた。

やはり知的な男性は自分の興味のある話や仕事の話をしっかり聞いてくれ、時にはアドバイスやアイデアを出してくれる女性に魅力を感じるものだ。

またあほな女と違い、マナーや社会のルールをしっかり理解しており、どこに連れて行っても恥ずかしくない女性、というのが最低条件だろう。高級レストランで

カルパッチョ?それ赤ワインの種類ですか?

リングイーネ、って何、リングにいいねしてるの?

なんでこんなにフォークもナイフもあるの?どこから使うの?

オントレーってなに?

などというような女を連れていきたいとは私も思わない。

やっぱり仕事ができる人は仕事を中心に生きているから、仕事の話を熱心に聞いてくれるような、献身的な女性が好きだ(Nori調べ)

やはりあほ過ぎて経済感覚が全くなかったりとか、上司との会食会に連れていったら会話が続かなかったりとか、そういう女性は不倫相手(一晩の楽しみ)にはもってこいだけど、それ以上の関係にはなりたいとは思わない、ってのが実際のところちゃう?

まとめ:あほな女がモテるのは本当。だけど。。。。

あほな女は確かにモテる。

警戒心は少なく、ハードルも低く、ベットまでの距離はかなり近い。

ただ、やっぱりできる男性はできる女性に魅力を感じる。ただ完璧すぎじゃなくて、ちょっと親しみやすさがある女性、しかもスタイルもよく、顔もよし。そんなレストランだったら嫌がられるような無理過ぎる注文だが、そういう女性ができる男性を虜にする。

男性たちよ、

私天然なの

なんていう女性はまぁやめておけ。天然なんてつけてもいいのは天然パーマくらいなもんで、天然ボケ、なんていうのは実際英語にはない。

”I am naturally dumb” などといっても天然ボケ、という意味では通じない。

そう考えても天然ボケとボケの違いがもうわかんない。どっちもぼけやん!まぁ一つ言えることは自分で天然ボケなどという人ほど天然でない人はいないだろう。

女性たちよ、恋愛対象になりたければ教養をつけよ。遊び対象になりたかったらあほなふりをせよ。

男性たちよ、自信をつけたまえ。見る目も付けたまえ。

(たまにはちょっと息抜きでこういうあほな記事を書かせていただいたことをご了承ください)

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。

True North Life Coaching代表。

19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。

英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。

公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。

自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。

コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

Pocket

関連記事

  1. 恋愛マインド

    世界のアンダーヘア事情 男性編

    True North Life Coaching代表、Noriです。…

  2. 恋愛マインド

    夫婦関係もシンプルに!!脱不倫のすすめ

    True North Life Coaching代表、Noriです。…

  3. 恋愛マインド

    注目!海外で日本女子がモテちゃう4つの理由

    True North Life Coaching 代表、Noriです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Book Review

    今年読んだAMAZINGなブックを(そしてWorst Books)ご紹介。
  2. Coaching

    「忙しい」人へ。それ、ダサいよ。忙しい=アホな時代やで。
  3. Coaching

    スタンフォード流!罪のライセンスに学ぶ、怠けに勝つ方法!
  4. Coaching

    お給料の増えない日本。家事代行が増える日本。その未来って。
  5. Coaching

    それって自己満辛口コメント?正しい批判の仕方とは
PAGE TOP