Coaching

シンプルライフの勧め

Pocket

 

ここ2か月か、お客様の大半の方に

 

「Noriさんは同行ショッピングについてどう思われますか?」

 

と聞かれる。

 

これ、実はオーストラリアではないお仕事だなぁと思ってみているのだが、日本に行ったときになんとなくこの同行ショッピングについて少し理解が出来たかもしれない。

 

注:私は同行ショッピングについてニュートラルであり、私は必要はないが、別に批判もしない。

 

少なければ考える余地もない

 

東京での失態

東京に出張に行ったときに、私は実は心の底で

「いぇーい、かわいいお洋服買って帰るぞー」

と思っていた。

私が住むのは、オーストラリアの田舎町。可愛い服はないわけではないが、子供を連れて街に出るのはけっこう厄介である。

東京は世界のトップに入る大都市。外国人なら死ぬまでに一度は行ってみたい都市であろう。

田舎者の私は昔仕事で行ったことはあるのだが、まぁ15年前の話であり、やっぱり東京となるとワクワクするのである。

 

だが、、、

一着も買わずに帰ってきてしまったのである。

 

一軒のお店にも入らず帰ってきてしまったのである。

 

実際大阪の梅田に行っても同じ現象が起こった。

 

理由は一つ。

 

店が多すぎて選ぶのさえ大変でハードルが高すぎるのである。

 

タンスの中も一緒

よくいる。

洋服は腐るほど持っているが、

「着るものがない」

もしかしたら多すぎて

選ぶのも合わせるのも一苦労なのでは?

 

田舎者の私たちには、ウィンドウショッピングだけでもめちゃくちゃ疲れる。

そしてたくさんありすぎるあまり、

購買力も失せてしまったのである

服ももしかしたら一緒なのでは?

 

たくさんあればあるほど、毎日のスタイリングのチョイスが増え、大変になってくる。

だからまた買う。

または同行ショッピングに頼んでスタイリングをしていただく。

 

シンプルライフに移行すれば

私自身も大学時代はお洒落に夢中で洋服なんてあればあるほどいいと思っていた。

毎日どれくらいの時間をスタイリングに費やしていたのだろうか。。

だけど、こうして単独で移住して、そして田舎に暮らすようになるとそんな時間はいらなくなった。

 

今シーズン購入したものは長Tシャツ一着だけ。

それだけで実は十分なのだ。

靴だってよく考えたら「運動用」「お出かけ用」「普段着用」の三足をローテーションで使っていることに気付いたし、服だって基本3本のパンツを履きまわしている。

有難いことにあまり服を持たないシンプルライフをしてから、本当に好きなお洋服しか持たなくなったのでスタイリングがメチャクチャ楽なのである。

田舎にはショッピングセンターも数限られているので買い物も迷う必要なく行きたいところに『ポン』と行けるし、しかもシンプルな服が多いので流行を問わずに着続けられる。

 

自分を知るという事

実は億万長者のお友達にお洋服を選んでもらって買ってもらったことがある。

 

そしてその服はとても可愛いし、高かったが、一度も着ていない。

実際、着る機会がないし、そしてあまり服に対して愛着を感じないというのが本音かもしれない。

そりゃプロのスタイリストさんに服を選んでもらったらその時は気分が良くなるかもしれないけど、それはあなたのチョイスですか?

人が「あなたにはこれが似合いますよ」

と言ってくれるのはありがたいけれど、でも実際それを決めるのは自分でしかなかったりする。

人に選ばれて違和感を感じることもあるだろう。

新しい自分発見!

かもしれないけど、でもその前に今の自分を発見しておくべきなのかもしれない。

 

シンプルに生きる

私たちにはそんなに物は必要ない。

実際旅行にスーツケース一つで行ってそんなに不自由はしないのではないか?

服が少なければ少ないほどスタイリング能力も活性化され、自分の気に入ったお洒落が出来るのかもしれない

これは靴もカバンもお化粧も同じことが言えるだろう。

物が増えればチョイスが増え、選択が困難になっていく。一本線だったものがダンジョンのように険しくなっていくのである。

 

それと共にそのために費やすお金も時間も増える。

 

逆に言えば物を減らしてシンプルに暮らせば掃除も片づけも楽だし、お金も使わなくなって自然と貯まる。

 

シンプルに暮らせばものに頼ることが減り、自分の感性が磨かれていく。

 

つまりものに頼らないから自分に頼るしかないのである。

だから自分で考える力もつく。

 

なんかね、なんでもかんでも人に頼るのってもういいよ。

と私は本当に思う。

自分が好きな様に好きなものを食べて好きなものを着て好きな人と一緒にいる。

それだけで人生充分幸せなんだよね。

だけど私たちはチョイスが多すぎて何が好きなのかさえも分からなくなっている状態。

もっとシンプルに生きてもいいんじゃないかな。

だってそんなに物を持っても結局答えは自分の中にしかないのだから。

もっとシンプルに、もっと丁寧に。

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。 True North Life Coaching代表。 19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。 英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。 公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。 自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。 コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Coaching

    ママのスマホ依存急増中!スマホと子供の顔、どっちを見てますか?
  2. Coaching

    価値観とは?お金の使い方=価値観ではない。価値観は人生のカギだ!
  3. Coaching

    最速思考が必ずしも良いとは限らない。それよりももっと大切なこと
  4. Coaching

    上から目線な人ーうざいけど実は、、、
  5. 恋愛マインド

    注目!海外で日本女子がモテちゃう4つの理由
PAGE TOP