価値観とは?お金の使い方=価値観ではない。価値観は人生のカギだ!

   

Pocket

True North Life CoachingのNoriです。

 

ホワイトクリスマスを楽しんでいる北半球の皆様。こちらは毎日30度を超える炎天下でのクリスマスとなりそうだ。

よく、

「夏のクリスマスを過ごしてみたいですぅ♡」

とおっしゃる方もいらっしゃるが、あの体のサンタクロースに脱がれるのもなぁ、と思うのは私だけだろうか。

まぁ、腹筋割れた20代のサンタクロースなら考えてもええけど。

イケメンサンタにこんなことされたらおばちゃん、もう鼻血ブーやわ。

 

幸いなのか、このくそ暑い中ショッピングセンターを巡回しているのは、あのかの有名な赤い服に白髭を付けた可哀想なバイトのサンタクロースで、たくさんの小さい子を泣かしている。わが娘の目にも真夏の長袖サンタは奇妙に映るんだろうか、毎回サンタ(もどき)を見るたびに

「サンタ、いらん、怖い」

と泣き出すから母ちゃんとしてはクリスマスショッピングはたまったもんじゃない。

やっぱり来年からは腹筋ワレワレ、水着姿のイケメンサンタがいい、と密かに願ってしまう母ちゃんだが。。。

 

さてさて、そんな私のサマークリスマスの話は置いといて、今日はコーチングをしててよくある「価値観」のお話をしていこう。

 

 

価値観とは?

 

価値観、と聞いてあなたは何を一番に考えるだろうか。

 

私がコーチングを始めてこの質問をすると、日本人のお客様の90%がこの価値観を

お金の使い方=価値観

と結びつけていることが判明。

 

そこで私の推定だが、日本では「価値」とは$バリューのことと考えられているのかもしれない。

たとえば一時間8万円のコンサルはプレミア感があって価値がある、とか 1500円のバイキングは安くておいしくて価値がある、とか。

お金と自分の価値を一緒にしてしまっている傾向がある。

 

つまり、自分の価値=物々交換ツールであるただの紙切れ

 

と思っている人が多い。きっとこれは資本主義大国で育ってきている証なんだろう。だが、本来価値観とはもっといろい意味を含む。

 

Wikiによれば

何に価値があると認めるかに関する考え方。価値(善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値)を判断するときの根底となる ものの見方。ものごとを評価・判断するときに基準とする、何にどういう価値がある(何には価値がない)、という判断

 

実はただの紙切れ=価値観ではなかったりする。

 

価値観ってなんだろう。

あなたの価値観、ってなんだろう、っていう前に、まず価値観自体に焦点を当ててみよう。

家族、お金、健康、セックス、恋愛、学歴、仕事、結婚、ルックス、性格、宗教、などなど、

価値観とは様々で、生まれ育った環境、勉強、経験、影響、などから形成される。

 

例えばキリスト教徒は同じ宗教という価値観を共有する共同体だろうし、同じ会社で働く、ということは会社のVisionやあり方を共有するだろうし、日本人、となるとやはり日本の文化や歴史を共有する共同体であろう。

 

例えば私が働いていた超大手の会社と、政府のお役所では同じ仕事であろうとも価値観が全く違う。

またNPOとかNGOになってくるとまたミッションやVisionが変わってくるだろう。

 

 

また、海外に住んだことのある人と、日本にしか生きたことがない人もまた違う価値観があるだろうし、オリンピック選手と、オリンピックに行ったことのない人でもまた違う価値観があるだろう。

 

ただ価値観に優劣はない。結婚してるから偉いとか、海外に留学したから偉いとか、そんなもんじゃなくて、個人の考え方や基準の問題である。

 

あなたの価値観とは何ですか?

 

価値観とはたぶん一言では表せないだろう。

だけど「これは絶対譲れない!」っていう、トップ5の価値観は誰でもある。

たとえば、私にとってお金持ちになることはトップ5には入ってない。

だけど、そんなことより、家族が安定した生活を送ること、とか、自由、健康、環境、仕事かな。

そう、自分が自分らしく生きていくにはこの5つが満たされてないとダメなようだ。

 

例えば私にとって1本1万円のシャンペンは高い、と思うし、高級ホテルで泊まるのも、高いブランドの服を着飾るのも、お化粧して煌びやかに見せるのにも、セレブな生活をするのも、モデル体型になるのも、あまり価値を感じない。

 

だけど、コーチングのDiplomaに80万円払い、仕事と家事の合間を割いて勉強するときは迷いはなかったし、海外20か国を回るために費やしたお金も時間も全く勿体ないとは思ってないし、家族のためにご飯を作ることに価値を感じる。

もし私が80万円を高いシャンペンと、高いブランドの服と、高いレストランでの食事に使ってしまったのならきっと今でも後悔していることだろう。

 

お金が有る無しなんかじゃなくて、そう、価値観なんてこんなもんだ。私は「Nori教」みたいな変な宗教みたいなもんやと思っている。

 

あなたの価値観、いやあなた教についてちょっと考えてほしい。

 

価値観に合った生き方をしよう

例えば働くこと一つとってみる。

起業してるとしようか。私のところに来るお客さんのほとんどがみんな決まって

「Noriさん、私月収7桁(たぶん100万円のこと)いきたいです」

という。

本当にそうなんかな。これって流行りに踊らされてるんちゃうかなって、いつも思う。

あ、お金を持つことが悪くないし、お金が価値観のすべてになってる人もいるだろうし、それはそれでいいと思う。

だけど誰かの価値観が自分の価値観になっているのはあまり好ましくない。

 

私はコーチングというお仕事をしているが、それは私の価値観にぴったりだからだ。

価値観が合えばすごく楽に仕事ができるようになる。そしてすごく楽に楽しく自分らしく生きれるようになる。

 

「こうすればいい」

本でもセミナーでもたくさん人生のヒントを教えてくれるだろう。でもそれはあなたの価値観ではない。作者の価値観である。

コンサルでもカウンセリングでもコーチングでも同じ。あなたの価値観と合わなければ意味がない。

だから私だってお試しコーチングを設けているわけで、価値観の合わない方はこちらからお断りさせていただくこともある。

 

だから価値観=お金という狭い視野で物事を見るんじゃなくて、自分の人生で最も大切な事、と捉えてみてはいかが?

もちろん一つ二つじゃないだろうし、その価値観同士が必ずしも趣旨に沿っている、とも限らないだろう。それが悪いことでもないし、ただ優先順位をどのようにつけていくか、というのも大切になってくる。

 

そういった意味でやっぱりコーチングのように掘り下げていくことはとても重要で自分の本当に大切な何か、というものを改めて知るいい機会になるだろう。

 

まとめ:価値観とは「あなた教」である。

価値観とはあなたを形成している本質的な考え方、判断基準、根拠である。

 

お金の使い方=価値観ではない。全くない。

 

あなたが何を一番大事にしているか、何を信じているか、何が生きがいか、、、、

つまり、

あなた教

みたいなみたいなもんやね。「私は仏教徒ですから」とかそういうんじゃなくて、仏教徒でも全員が全員同じ価値観を持っているわけではないからね。

 

あなたにカスタムメイドされた、あなただけの宗教であり、あなただけのルールであり、あなただけの判断基準だと思う。

 

そんな大切な価値観について、あなたは考えたことがあるだろうか?

 

これは人に教えられるものでもない、セミナーで学べるものでも、コンサルで意味不明に斬られるものでもない。

 

あなたにしかない、あなただけのオリジナルなんだ。

 

さぁあなたも自分の価値観について考えてみよう。

 

 

あなたもコーチングで価値観を掘り下げてみませんか?

 

True North Life Coachingではオーストラリアで学んだコーチングスタイルに独自の手法を取り入れた、会話形式のコーチングを行っております。

 

スカイプで自宅からお気軽にお試しコーチング(60分)が受けられますので、まずは一度お話ししてみませんか?

 

大阪出身、オーストラリア在住、オーストラリア国籍を持つ。

True North Life Coaching代表。

19歳でいきなり思い立ったオーストラリア短期留学のはずがそのまま永住。

英語力ゼロ、貯金ゼロ、友達ゼロ、住むところゼロからスタートしたオーストラリア生活だが、学費のためになんとかフルライムで働きながら大学に通い、国際政治学を専攻、3年制大学を2年で卒業。

公務員、ビジネスコンサルタントを経て、出産を機にコーチングに転機。

自分の経験と、あの世界トップのコーチ、トニーロビンズの弟子から習ったライフコーチングメソッドを活かし、True North Life Coachingを設立。

コーチングを通じて多くの人に自分の肌で夢をかなえる楽しさを実感してもらいたい、最高の自分を更新し続けてもらいたい、というコンセプトでTrue North Life Coachingを設立。

Pocket

 - Coaching